お知らせ

2014年09月25日(木) WAF(Webアプリケーションファイアウォール)を導入しました。

 弊社のサーバーにWAF(Webアプリケーションファイアウォール)を導入しました。
 悪意のある攻撃から現在のWEBサイトやデータを防御するとともに、常に最新の脅威に対応するWAFを活用することで、将来的なリスクを回避することができます。

 ウェブアプリケーションファイアウォール(Web Application Firewall:WAF)は、ウェブアプリケーションの脆弱性を悪用する攻撃を検出・防御し、ウェブサイトを保護するためのセキュリティツールです。SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングに代表される、ウェブアプリケーションに対する攻撃を防御することで、 ウェブ改ざんやウェブを介した情報漏洩といった被害を未然に防ぐことを目的としています。



 WAFの導入によりまして、弊社サーバーではファイアーウォール、IPS(不正侵入検知防御システム)、DoS/DDoS攻撃防御と合わせて、さらにセキュリティを強化することができました。

 現在稼働中のサイトでの動作確認を行っておりますが、もしも正常に動作しない機能やログインできないなどの不具合がございましたら、お手数ではございますが、弊社担当までお知らせください。