同窓会では久しぶりの再会も多く、盛り上げたいとお考えの幹事の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで同窓会を盛り上げるコツなどをご紹介致します。

 

  

 



【 盛り上がるゲームやポイント 】

昔の写真や文集などの持参
学校行事の写真であったり、集合写真や卒業アルバムなどの写真を見ることでそこに笑いがあったり、思い出話があったり、皆で盛り上がることできます。文集も話題になります。また文集や写真などを用いてスライドショーを準備して参加者全員で楽しむことも可能です。

舞台での余興
その時流行っていたアイドルなどを再現してみたり、当時盛り上げ役だった方に余興をしてもらったりするのもいいでしょう。

乾杯
無理にジョークを言う必要はありません。参加者に参加してくれた感謝、そして会えた喜びなどを伝えるシンプルな挨拶や乾杯でも十分盛り上げることができます。

告白大会
好きだった人など当時隠していたことを告白する大会を設けても面白いはずです。

名前でビンゴ
数字でなく、名前をビンゴに使用することで相手の名前を思い出すきっかけにもなります。受付の際に写真を撮り、名前を呼ぶ際にスクリーンに写真を上映してもいいでしょう。自己紹介が苦手な方もいらっしゃいますし、自慢話になって場がしらけてしまうことも多々ありますので、こちらの方法はおすすめです。

役割の徹底
同窓会の幹事は約5人ぐらいで企画すると思います。司会をされない方が盛り上げ役として良い雰囲気を作ることで同窓会を盛り上げることができます。



同窓会は1回のみならず、2回3回と開くこともあるでしょう。
楽しい会にすることで次回の参加者を集めることにも繋がります。
盛り上げようとふざけすぎたり、多額の費用が掛かってしまうと参加者が減ってしまう可能性もありますので、幹事の方はプログラムの構成を慎重に行うことをおすすめ致します。

当社は管理システムにより名簿作成、名簿共有や名簿クラウドなど名簿管理サービスを提供しています。
このシステムを利用することで幹事の方の負担も軽くすることができます。