同窓会を開きたいとお考えの方はいらっしゃいますか。
久しぶりに同級生と会って、昔の話をする同窓会は本当に楽しいものですね。
痩せていた人が太っていたり、太っていた人が痩せていたり、地味だった人が驚くほど格好良くなっていたり、可愛くなっていたりと、変化を見るのも楽しいものです。同窓会を開くとなると、会場を決めたり、会費を回収したり様々な手順を踏まなければなりません。同窓会の開き方についてご紹介しますので、参考にしてください。



【 同窓会の開き方 】

開催に向けて一緒に動いてくれる人を探す
自力で同窓会を開くこともできるかもしれませんが、相当の苦労を要します。なので、開催に向けて一緒に動いてくれる人を探しましょう。友達が多く、活発だった人に連絡をとってみてはいかがでしょうか。

会場を決める
同窓会を開催するとなると大きな会場が必要となりますが、会場の大きさに反して参加人数が少なかったりすると、追加料金が発生することもありますので、慎重に選ぶ必要があります。

会費を決める
飲食代のみの回収だと、赤字になってしまいます。会場使用料やビンゴ大会などの景品代、案内状印刷費など様々な費用を算出した上で決定するようにしましょう。

参加者名簿作成
参加者を把握するために、参加者名簿を作成しておくようにしましょう。クラスごとに作成すると、後々管理がしやすくなります。

案内状作成・印刷・発送
名簿を基に、案内状を作成し印刷・発送します。引越しをして住所が変わっている方もたくさんいらっしゃると思いますが、同級生の中に転居先の住所を知っている人がいるはずなので、住所や連絡先を教えてもらってお知らせするようにしましょう。

出欠確認
会場に参加予定人数を報告したり、名札などを準備するためにも、正確な人数を把握する必要がありますので、きちんと確認するようにしましょう。

当日の受付
会費を徴収する大事な場です。参加人数と会費が違っていると、下手すれば自腹を切ってしまうこともあるはずなので、信頼できる人に依頼するようにしましょう。

司会進行
歓談をメインにプログラムを組み、進行しましょう。延長すると、追加料金を支払わないといけなくなる場合もありますので、スピーディーかつ慎重に進めていく必要があります。

会場への精算
最終的に参加した人数を伝え、集めた会費から料金を支払います。スムーズに終えることができるように、同窓会の終了までには済ませておいたほうが良さそうです。